NTTデータ先端技術株式会社 ビッグデータ分析基盤エンジニア

AIソリューション事業部

ビッグデータ分析基盤エンジニア

職務内容 【ビッグデータの活用が強く求められている今、ビッグデータ分析基盤エンジニアとして活躍してみませんか?】

HadoopやSpark、Kafkaを初めとした分散処理基盤の提案・設計・構築などを実施していただきます。
また、当該基盤上に蓄積されたデータの利活用の実現にも従事いただきます。

【募集背景】

たとえば、マーケティングの分野では、ログデータ、顧客データやソーシャルデータなど、企業の内外に存在する多種多様なビッグデータをうまく活用し、多様化する顧客行動を読み解くことで、効率的な新規顧客の獲得やロイヤルティの高い顧客の確保が可能になります。そのためには、データ整形などの前処理も含めてビッグデータをいかに高速に処理するかということが極めて重要になってきています。

当ビジネスユニットは2013年に生まれましたが、最近はHadoopを始めとしたビッグデータ処理基盤の技術革新が著しく、また、SparkやKafkaといったリアルタイム処理基盤も実用化の段階に入っております。これらの技術力を武器に新規領域のビジネスを進めていくためには、ビッグデータ分析基盤エンジニアがまだまだ足りないため募集します。

【部門特性】

十数名(今後さらに増員中)で構成。コンサル/分析/基盤というデータサイエンティストが本来持つべきとされるスキルを一人一人が実現するのではなく、業務コンサルタント、分析アナリスト、アルゴリズム開発エンジニア、基盤エンジニアのスペシャリスト集団のチームワークで実現しています。そのため、お客様のビジネス課題に対して、改善施策の提案からデータ分析の実施、そのための基盤構築までをワンストップで支援することができます。

コンサル×分析×基盤の機動性あるチームをつくり、蓄積したビッグデータ分析およびシステム構築のノウハウを元に、オリジナルなビッグデータ分析サービスの実現を目指しています。そのため、まずは、お客様案件へのビッグデータ分析基盤適用の経験を積んで部署成長を支えていただきます。ゆくゆくは志向に応じ、部門リーダや技術スペシャリストなど、キャリアを築いていただくことを期待しています。

【利用ツール/身につく知識】

◆Hadoop, Spark, Kafka などのビッグデータ処理基盤/リアルタイム処理基盤関連技術
◆データ可視化技術
◆多様なお客様の実データを用いたデータ利活用施策実現経験

応募資格 【必須要件】
以下のいずれかのご経験をお持ちの方
◆Javaなどのプログラミング言語を用いたシステム開発経験
◆オープンソース・ソフトウェアを用いたシステム基盤の構築経験

【求める人物像】
◆プログラミング/基盤問わず技術が大好きな方
◆指示待ちの姿勢ではなく、自ら積極的に動ける方
◆自身でプロトタイプ開発ができる方
◆チームやお客様と話し合い、巻き込みながら業務を行っていただける方

【歓迎要件】
◆Hadoop等ビッグデータ基盤に関する知識、もしくはシステム開発経験
◆BI/DWHに関する知識、もしくはシステム開発経験
◆データマイニングに関する基礎知識、もしくは実務経験
◆機械学習に関する基礎知識
◆Pythonを用いた開発経験

待遇 【配属先】
ソフトウェアソリューション事業本部 AIソリューション事業部
ビックデータ基盤担当

【雇用形態】
正社員(期間の定め無)

【想定年収】
410万~700万

【残業手当】
あり
※残業手当:30時間込みの「職能給」として一定額の支給有り。30時間以上分は別途、実労働時間分支給有

【休日】
年間125日
有給休暇

【所定労働時間】7時間30分 休憩 60分

【就業形態】・フレックスタイム制
※コアタイム:10時~15時
※「7.5h×月の営業日数」で月内で勤務時間を調整いたします。

【その他福利厚生】
・社会保険完備
・交通費支給(当社規定による)
・NTT企業年金基金[DB(確定給付型)年金制度] ・NTT確定拠出企業年金[DC(確定拠出型)年金制度] ・NTT健康保険組合
・資格取得支援制度
・ライフプラン休暇
・産休育休制度
・育児短時間勤務制度
・サポート手当3500円/月

※受動喫煙措置について
・月島オフィス 敷地内禁煙(屋内喫煙可能場所有り)
・社外常駐の場合は常駐先のルールに準ずる

勤務地 東京都中央区月島1-15-7パシフィックマークス月島
最新情報をチェックしよう!
>AI研修実績15000名

AI研修実績15000名

AI999は、累計15000名以上にAIプログラムを提供するStudy-AIが講座受講生の為のサービスの一環として提供しています。2017年から日本ディープラーニング協会のE資格認定プログラム[00011]の運営、2019年にはAI実装検定を主催するなどAI人材育成の草分け的存在としてあなたのキャリアに寄り添います。

CTR IMG