株式会社タニタヘルスリンク データアナリスト・データサイエンティスト

仕事内容

【タニタグループ】データアナリスト【自社toCサービス/蓄積データの分析~ソリューション企画まで】

■職務内容:タニタグループのデータを活用したソリューション作りのためのデータ分析業務からソリューションへの落とし込みまでお任せする予定です。タニタグループには生活行動と健康のデータが数多く蓄積されており、今後はデータの強みを生かし、AIを活用したソリューション作りを行っていく予定です。

■当社の魅力:
同社は体重計販売で世界トップクラスのシェアを誇るタニタの独自のデータを活用した新たなサービスを生み出す会社として設立。

タニタ体重計利用者のデータ通信・集約を可能とするシステムを開発し、現在は独自のデータベースを活かしたヘルスケア領域における新たなサービスを企画・開発・提供しています。タニタ社員は健康であれ!」という意識が浸透していることから、平均残業は30時間程度に抑えています。

■組織構成:システム開発部、事業推進部(サービス導入後のサポート部隊)、営業部、サービス企画部に分かれており、エンジニアは10名在籍しています。

■toC向け自社サービス例:
「タニタ社員食堂レシピ」一定食500kcalのヘルシーレシピを1000件以上掲載したスマホ・携帯向けアプリ。「からだカルテ」クラウド健康管理システム。記録やグラフ表示だけではなく、運動習慣が身に着く「歩数イベント」や食習慣の改善に役立つレシピコンテンツ等、正しく健康的にダイエットできるタニタのノウハウが詰まっています。

■toB向け自社サービス例:
「タニタ健康プログラム」企業経営にとってリスクとなる社員の「生活習慣病」や、身心の健康問題からくる「病欠・休職・離職」などが社会問題化している中、2009年の取り組み開始以降、タニタ健康プログラム」に、企業様より引き合いが多いです。

対象となる方

学歴不問

<必要業務経験>
■必須条件:
・データ分析のご経験

勤務地

<勤務地詳細>
本社
東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル8F

<勤務地最寄駅>
総武線/水道橋駅

<勤務地補足>
東京での勤務となります。

<転勤有無>
当面なし
転勤は当面想定していません。

<想定勤務地>
東京都

勤務時間 <標準的な労働時間>
9:00~18:00 (所定労働時間8時間)
休憩時間:60分
時間外労働有無:有

<フレックスタイム制>
コアタイム:10:00~15:00
■フレキシブルタイム:6時~10時、15時~19時

雇用形態

正社員

<雇用形態補足>
補足事項なし

<試用期間>
6ヶ月
補足事項なし

給与 <予定年収>
500万円~(残業手当:有)

<月額>
260,000円~(以下一律手当を含む)
基本給:200,000円~
固定残業手当:60,000円~(固定残業時間30時間0分/月)
※超過した時間外労働の残業手当は追加支給

<賃金形態>
年俸制
年俸金額の12等分した金額を毎月お支払いします。

<昇給有無>

<給与補足>
※役割年棒の1/12+みなし時間外勤務手当(30時間分)+時間外勤務手当(残業30時間以上の分)を毎月支給、ただし、管理職の場合は役割年棒のみ。
■昇給:年1回(4月)
■賞与:年1回※決算賞与のみとなります。
■残業手当:全額支給※管理職はその限りではない。

予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
月額は固定手当を含めた表記です。

待遇・福利厚生 通勤手当、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度

<待遇・福利厚生補足>
通勤手当:6ヶ月定期分の金額を全額支給
社会保険:補足事項なし
退職金制度:確定拠出年金

<教育制度・資格補助補足>
OJT中心

<その他補足>
■確定拠出年金制度
■定期健康診断
■インフルエンザ予防接種
■育児介護休業制度
■育児・介護時短勤務制度
■リロクラブ加入
■社内イベント
■健康増進プログラム
■社員割引制度、
■部活動
■交通費全額支給
■定期健康診断
■健康増進プログラム
(社員がより健康に働けるよう、様々な取り組み・アドバイスを実施)
■社員割引制度
■社内イベント
■服装自由

休日・休暇 完全週休2日制(かつ土日祝日)
有給休暇8日~21日
休日日数126日

土曜、日曜
年末年始休暇、夏期特別休暇、慶弔休暇、産前・産後休暇、産休育児休暇(制度あり/実績あり)、有給休暇(8日~21日)、育児・介護休暇

最新情報をチェックしよう!
>AI研修実績15000名

AI研修実績15000名

AI999は、累計15000名以上にAIプログラムを提供するStudy-AIが講座受講生の為のサービスの一環として提供しています。2017年から日本ディープラーニング協会のE資格認定プログラム[00011]の運営、2019年にはAI実装検定を主催するなどAI人材育成の草分け的存在としてあなたのキャリアに寄り添います。

CTR IMG