機械学習エンジニアの平均年収を公開!海外との違いや年収を上げる方法

エンジニアの中でも機械学習エンジニアは将来が期待されるAI分野で必要とされるため、未来が明るい職業の一つです。

ですが

機械学習エンジニアの年収ってどのくらいなんだろう?

このような疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • 機械学習の平均年収
  • 海外との年収の違い
  • 年収を上げるための方法

をご紹介します。

機械学習エンジニアの平均年収は?

日本の機械学習エンジニア平均年収

引用元:indeed

求人情報サイト「indeed」に掲載のされている東京都の求人12社を参考に計算したところ、機械学習エンジニアの平均年収は611,75万円でした。

indeedでは推定年収400万円+の求人が圧倒的に多く、しかし大手企業の機械学習エンジニアの年収は1,000万円を超えたりと大きな幅があることから、平均は600万円程度で落ち着いたのではないかと考えられます。

続いて、日本の有名企業に絞って年収を見てみると、平均年収は811,45万円でした。やはり有名企業の方が年収が高いという結果になりました。日本国内だけで見ても、各々のスキルや経験、企業によって待遇が大幅に変わりそうです。

海外の機械学習エンジニア平均年収

これまでは日本国内に限って年収を見てきましたが、海外はどうなのでしょうか。

引用元:glassdoor

実は海外の方が平均年収が高いのです。あるデータによると機械学習エンジニアの平均年収は$120,931で、日本円にして約1,320万円になります。日本の機械学習エンジニアの年収よりも大幅に高いですよね。なぜここまで大きな差が出てしまうのでしょうか。以下で考えてみましょう。

日本と海外の平均年収の比較

日本の機械学習エンジニアの平均年収は626万円、海外の機械学習エンジニアの平均年収は$120,931(約1,320万円)でした。日本と海外で機械学習エンジニアの平均年収を比べると、その差はかなり大きいです。それはなぜなのでしょうか。

理由の一つに必要な資格やスキルの違いが挙げられます。日本の求人では特別な資格やスキルは必須ではありませんし、未経験からでも雇ってもらえる求人も多いです。

しかし海外の求人はコンピュータサイエンスの学位が必要だったりするのです。学位が必須となると年収の違いにも納得できます。また日本でも学位や特別な資格・スキルがあればそれに見合った年収が貰えるのではないでしょうか。

また海外、とくにアメリカや中国は機械学習において最先端の技術を持っています。その分人材も最先端に見合った人が求められます。そんな最先端の研究に関わる仕事が好待遇なのは想像に難くないですよね。

機械学習エンジニアで年収を上げるためには

スキルを特化させて付加価値を上げる

海外での年収が高い理由の一つとして挙げたように、学位や資格・スキルを持っていればその分年収が上がります。

資格にしてもスキルにしても専門分野での経験を積むことが最も効率的に取得する方法だと考えられるので、ある程度エンジニアとして現場に身を置いてみることが良いのではないかと思われます。

開発だけではなく情報の質を上げる

機械学習の分野の情報は半年経てば古いと言われるほど流れが早いです。そして最新の論文は海外のものが多いです。

そのような状況で発表された論文を誰かが翻訳してくれるのを待っていたり、アルゴリズムを組み込んでくれるのを待っているようではビジネス競争に負けてしまいます。逆に言えば最新情報を自ら取り入れ精度をわずかでも高められるような人材には自ずと好待遇が待っているでしょう。

転職して年収の高い企業に入る

だいたいの実務や経験は積めた、という方は転職を視野に入れてもいいかもしれません。いきなり転職と言われても、やり方や必要な知識量が分からない…、と思われる方もいらっしゃいますよね。そんな方にはこちらの記事がおすすめです。

こちらの記事に、機械学習エンジニアの転職事情や必要なスキルなどが細かく記されています。ぜひ参考にしてみてください。

副業で案件獲得をする

転職の話が出ましたが、今勤めている会社を辞めたくない方もいらっしゃいますよね。そのような方には副業を始めることを視野に入れてはいかがでしょうか。しかしこちらも、いきなり副業と言われても案件獲得の仕方やどのような案件があるのかさっぱりだと思われるでしょう。そんなあなたにはこちらの記事がおすすめです。

こちらの記事に、機械学習エンジニアの副業について事細かに記載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

機械学習エンジニアで年収を上げるためのスキルアップ方法

独学でスキルアップする

独学でスキルアップする方法は

  • 講座・サイトでスキルアップする
  • 本でスキルアップする

この2つがあります。それぞれ詳しく見てみましょう。

講座・サイトでスキルアップする

独学で機械学習を学ぶ方法のひとつにオンライン講座やサイトを活用する方法があります。実は機械学習を学ぶための講座は結構あって、調べ始めるとどれを受けたらいいのかわからなくなってしまいがちです。

そこで以下の記事では、おすすめの講座・サイトを8つ紹介しています。またレベル別に講座の選び方も解説しているので、おすすめを見ながら自分に合った講座を見つけられますよ。

本でスキルアップする

独学で機械学習を学ぶ方法として書籍も挙げられます。機械学習を学べる本は数多くあり、目的と自分のレベルに合った本を選ばなくては、学習を続けていくのは困難です。

まずはレベル別にどんな本を学ぶべきかを把握しましょう。

そこで下記の記事で、おすすめの書籍をいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

資格を取ってスキルアップする

資格は自らのスキルを簡単に証明できる点で、とても役立ちますよね。E資格やG検定などAI分野に関する資格も確立されてきました。

下記の記事では、AI関連の資格について詳しくご紹介しています。参考にご覧になってください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は機械学習エンジニアの年収についてご紹介しました。海外の年収と比べると日本は低い印象を受けますね。

ですが、何十年か先の未来にはAIが世の中に当たり前のように存在し、機械学習エンジニアなどのAIに関わる仕事をしている人は、市場価値が上がり年収も上がっていくと予想されます。

この記事をきっかけに機械学習エンジニアに少しでも興味を持った人は、本格的に機械学習を学んでみましょう。

最新情報をチェックしよう!
>AI研修実績15000名

AI研修実績15000名

AI999は、累計15000名以上にAIプログラムを提供するStudy-AIが講座受講生の為のサービスの一環として提供しています。2017年から日本ディープラーニング協会のE資格認定プログラム[00011]の運営、2019年にはAI実装検定を主催するなどAI人材育成の草分け的存在としてあなたのキャリアに寄り添います。

CTR IMG