石川県のAI情報まとめ[E資格試験会場など]

ここ数年で急速に普及してきたAI(人工知能)。

東京やメジャーな産業だけでなく、地方やありとあらゆる産業にAIの活用が期待されています。
この記事では2021年時点の石川のAI情報をまとめてみます。

  • 石川県のAIを活用した取り組み
  • 石川県でAIを学べる場所
  • 石川県のE資格会場

といった内容をお伝えいたします。

石川県のAIを活用した取り組み

名称 種別/連絡先など

令和元年度「AI・IoTを活用した業務効率化・省力化支援事業」

石川県
中小企業向けサイバーセキュリティセミナー(IoT化推進研究会)の開催について 一般社団法人石川県情報システム工業会

岐阜県IoT活用先進企業視察ツアーの参加者募集について

石川県

AI実践道場オープン講座~データ活用(AI)実践事例報告会~の開催について

石川県

第1回RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用した業務効率化セミナー

石川県・(公財)石川県産業創出支援機構

いしかわ次世代産業創造ファンド事業等助成金公募

石川県・(公財)石川県産業創出支援機構

石川県のAI活用事例

モビリティサービス(日野自動車株式会社)

https://www.city.komatsu.lg.jp/kurasi_tetuzuki/5/2/6552.html

日野自動車はモビリティサービスの社会実装を行っています。

自動運転バスの導入により、運転手不足を解消します。

物流倉庫内の移動ロボット(オカムラとビーイングHD)

 

オカムラとビーイングHDが物流倉庫の自律移動ロボット「ORV」を発表 Jetson搭載のカゴ車搬送タイプ 実用化に向け実証実験

 

 

物流倉庫内にて自立移動ロボットの誕生。

重い荷物も一度にロボットが運んでくれるので、業務効率とともに事故を減らします。

水上ドローン(KDDI総合研究所と大阪府立大学)

石川県七尾湾で水素燃料電池を搭載した「水上ドローン」の実証実験 モバイル回線に接続したスマートフォンで遠隔制御

水上ドローンを使って漁業の効率化を進めています。

水上ドローンを使うことで、さらに色々なことができそうですね。

石川県でAIを学べる場所

名称 場所 内容 連絡先
winスクール金沢御経塚イオン校 石川県野々市市御経塚2丁目91番地 イオン御経塚店 2F AIを個人レッスンで習得することができる 076-225-4733
金沢情報ITクリエイター専門学校 石川県金沢市広岡1-1-15 AIシステム・データサイエンスコース 076-221-5757
侍エンジニア塾 オンライン オリジナルのAIを開発可能 03-5790-9039

金沢情報ITクリエイター専門学校

AIシステムの他にデータサイエンスなど幅広く勉強できます。

大原学園の専門学校なので安心です。

金沢工業大学工学部

 

研究室名
機械工学科矢島善次郎・岸陽一 研究室
教員名
矢島善次郎・岸陽一 研究室
教員研究室(内線)
076-248-1100

日本でも有名な工業大学であり、多くの研究室があります。

石川県のE資格会場

E資格の石川県試験会場です。2021年の2月に試験会場として掲載されていた情報です。

受験にあたっての正確な情報は試験提供者のホームページなどで、自ら確認をお願いいたします。
E資格主催:日本ディープラーニング協会(JDLA)ホームページ

都道府県 都市 名称 最寄駅 住所 電話
石川県 金沢市 金沢南町テストセンター 南町・尾山神社バス停 石川県金沢市南町5-20 

中屋三井ビルディング8F

076-255-3256 

オンラインで学び石川の試験会場で受験

ラビット★チャレンジ

引用元:https://ai999.careers/rabbit/

AIの最高峰資格であるE資格に月額3,000円からチャレンジできるという激安の講座です。
さらに、石川県の方は入会金が3000円割引に! (割引コード:Eishikawa2021)
※お申し込みの際にフォームの該当箇所に割引コードを入力してください。

まとめ

いかがでしたか?

AI分野はとても将来性が高く既に石川などの地方都市でも積極的に研究が進んでいます。地域の産業にあったAIやDXの活用をするには石川県や他県の実例を学ぶことと、そもそもAIとは何でどのように実装できるのか基礎知識を身に着けることが肝要です。

47都道府県の一覧はこちら

最新情報をチェックしよう!
>AI研修実績25000名

AI研修実績25000名

AI999は、累計25000名以上にAIプログラムを提供するStudy-AIが講座受講生の為のサービスの一環として提供しています。2017年から日本ディープラーニング協会のE資格認定プログラム[00011]の運営、2019年にはAI実装検定を主催するなどAI人材育成の草分け的存在としてあなたのキャリアに寄り添います。

CTR IMG