SHRDLU【AI用語・英文】

簡易用語説明【SHRDLU】

人工知能研究初期の研究開発プロジェクトである。1968年から1970年にかけて、テリー・ウィノグラードによって実施された。

コンピューターの中に仮想的に「積み木の世界」を構成し、そこに存在するいくつかの物体――ブロック、円錐、球など――を英語で指示を与えることで積み上げたり下ろしたり動かすことができる。自然言語により仮想世界の操作を行う事ができる。 実装はソフトウエア面ではプログラミング言語LispとPlannerを用いて記述され、ハードウエア面ではDEC社のコンピュータ・PDP-6および同社のグラフィック端末上で動作した。後にユタ大学のコンピュータグラフィックス研究所によって改良され、SHRDLUの「世界」はフル3Dで描画されるようになった。(引用元:wikipedia)

SHRDLUの情報

最も一般的に使用される英文表記
SHRDLU
音・読み
シュルドゥル
最も一般的に使用される和文表記
該当なし
別表記①
該当なし
別表記②
該当なし
別表記③
該当なし
G検定シラバス
なし
E資格シラバス
なし
備考欄
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>AI研修実績25000名

AI研修実績25000名

AI999は、累計25000名以上にAIプログラムを提供するStudy-AIが講座受講生の為のサービスの一環として提供しています。2017年から日本ディープラーニング協会のE資格認定プログラム[00011]の運営、2019年にはAI実装検定を主催するなどAI人材育成の草分け的存在としてあなたのキャリアに寄り添います。

CTR IMG