SVM【AI用語・英文】

簡易用語説明【SVM】

教師あり学習を用いるパターン認識モデルの一つである。分類や回帰へ適用できる。1963年にウラジミール・ヴァプニク(英語版), Alexey Ya. Chervonenkis が線形サポートベクターマシンを発表し[1]、1992年に Bernhard E. Boser, Isabelle M. Guyon, ウラジミール・ヴァプニク(英語版)が非線形へと拡張した。

サポートベクターマシンは、現在知られている手法の中でも認識性能が優れた学習モデルの一つである。サポートベクターマシンが優れた認識性能を発揮することができる理由は、未学習データに対して高い識別性能を得るための工夫があるためである。(引用元:wikipedia)

SVMの情報

最も一般的に使用される英文表記
SVM
音・読み
エス ヴィ エム
最も一般的に使用される和文表記
サポートベクターマシン
別表記①
support vector machine
別表記②
該当なし
別表記③
該当なし
G検定シラバス
なし
E資格シラバス
なし
備考欄
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>AI研修実績25000名

AI研修実績25000名

AI999は、累計25000名以上にAIプログラムを提供するStudy-AIが講座受講生の為のサービスの一環として提供しています。2017年から日本ディープラーニング協会のE資格認定プログラム[00011]の運営、2019年にはAI実装検定を主催するなどAI人材育成の草分け的存在としてあなたのキャリアに寄り添います。

CTR IMG