ウォード法【AI用語・和文】

簡易用語説明【ウォード法】

クラスター分析の時に使用される、クラスター間の距離を定義する距離関数のひとつ。
(引用元:wikipedia)

ウォード法の情報

最も一般的に使用される英文表記
Ward’s method
音・読み
ウォードホウ
最も一般的に使用される和文表記
ウォード法
別表記①
別表記②
別表記③
G検定シラバス
あり
備考欄
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>AI研修実績25000名

AI研修実績25000名

AI999は、累計25000名以上にAIプログラムを提供するStudy-AIが講座受講生の為のサービスの一環として提供しています。2017年から日本ディープラーニング協会のE資格認定プログラム[00011]の運営、2019年にはAI実装検定を主催するなどAI人材育成の草分け的存在としてあなたのキャリアに寄り添います。

CTR IMG