第3次AIブーム【AI用語・和文】

簡易用語説明【第3次AIブーム】

2000年代から現在まで続いている。まず、現在「ビッグデータ」と呼ばれているような大量のデータを用いることで人工知能(AI)自身が知識を獲得する「機械学習」が実用化された。次いで知識を定義する要素(特徴量11)を人工知能(AI)が自ら習得するディープラーニング(深層学習や特徴表現学習とも呼ばれる)が登場したことが、ブームの背景にある。
(引用元:総務省)

第3次AIブームの情報

最も一般的に使用される英文表記
音・読み
ダイサンジエーアイブーム
最も一般的に使用される和文表記
第3次AIブーム
別表記①
別表記②
別表記③
G検定シラバス
なし
備考欄
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>AI研修実績25000名

AI研修実績25000名

AI999は、累計25000名以上にAIプログラムを提供するStudy-AIが講座受講生の為のサービスの一環として提供しています。2017年から日本ディープラーニング協会のE資格認定プログラム[00011]の運営、2019年にはAI実装検定を主催するなどAI人材育成の草分け的存在としてあなたのキャリアに寄り添います。

CTR IMG