多次元尺度構成法【AI用語・和文】

簡易用語説明【多次元尺度構成法】

多変量解析の一手法である。主成分分析の様に分類対象物の関係を低次元空間における点の布置で表現する手法である(似たものは近くに、異なったものは遠くに配置する)。
(引用元:wikipedia)

多次元尺度構成法の情報

最も一般的に使用される英文表記
MDS
音・読み
タジゲンシャクドコウセイホウ
最も一般的に使用される和文表記
多次元尺度構成法
別表記①
Multi Dimensional Scaling
別表記②
別表記③
G検定シラバス
あり
備考欄
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>AI研修実績25000名

AI研修実績25000名

AI999は、累計25000名以上にAIプログラムを提供するStudy-AIが講座受講生の為のサービスの一環として提供しています。2017年から日本ディープラーニング協会のE資格認定プログラム[00011]の運営、2019年にはAI実装検定を主催するなどAI人材育成の草分け的存在としてあなたのキャリアに寄り添います。

CTR IMG